【衝撃的】食道がんのリスクを189倍にした要因が判明wwwwwwwwwwww

   

【ゲノム研究】食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに

1: 2019/01/08(火) 14:38:24.67 ID:rVGpJO0l

東京大学大学院の松田浩一教授(新領域創成科学研究科メディカルサイエンス群・クリニカルシークエンス分野)は、精密医療(オーダーメイド医療)を実現するために27万人分ものDNAを保管するバイオバンクを運営しつつ、みずからそのバンクのユーザー(研究者)でもある。

 そのバイオバンクを使ってどんなことがこれまでに分かってきたのか、ご自身の研究に寄り添いつつ聞いていこう。

「バイオバンク・ジャパンが始まったのは2003年ですが、その後、5年ほどは、エントリーの時期で、参加の意思がある方から血を採らせてもらって、DNA、血清、臨床情報を収集するのに費やしました。そうするうちに、だんだんいろいろな病気の方のDNAが集まってきて、例えば、食道がんについて、まず200人の患者さんと健常な人1000人くらいを比較してどんな遺伝子を持っている人がリスクが高いのか、いわゆるケース・コントロール・スタディ(症例対照研究)ができました」

 DNA試料のバンクの構築は一人ひとりに説明して試料を集めるものだから、とても手間がかかる。しかしひとたび充分な症例が集まると、まずは症例対照研究を行って、食道がんの人に多い因子、この場合は遺伝子の型を探すことができるようになった。単純に言うと、食道がんの人(症例)と健康な人(対照)のゲノムを比較して、違っているところを見つけたということだ。

 ただ、ふと疑問に思う。ヒトのDNAには30億もの塩基対があると聞く。それら全てをひとつひとつ見ていったとしたら大変なことになると容易に想像できる。

「たしかに、30億の塩基対すべてを比較しているわけではありません。見ているのは、SNP(Single Nucleotide Polymorphism、スニップ)、一塩基多型と呼ばれるものです。これは、ヒトのゲノムの塩基配列の中で、300カ所に1カ所ぐらい、つまり、30億のうちの1000万カ所くらいにある、個々人によって情報が違っている部分です。1つの塩基が違うだけで、体内で作られる酵素などのタンパク質の活性が変わったり、そもそもその遺伝子が働かなくなったりします。肌や目や髪の色が違うのもSNPで説明できますし、実は血液型の違いもSNPの組み合わせで決まります。我々の食道がんの研究では、SNPのうち55万カ所を比較しました」

ぼくたちはヒトだから、だいたいの遺伝情報は同じだ(だから同じ種だ)。でも、ところどころ違うところがあって、それが個性の源でもある。そういった違いをもたらすものとして代表的なのが、一塩基多型、つまり、SNPだ。もうひとつ代表的なものに、遺伝子の数の違いが問題になる「コピー数多型」というものがあるが、一塩基の違いを見ればよいSNPの方が研究対象として扱いやすく、まず先に研究が進んだそうだ。そして、その端緒をひらいたのが松田さんのグループによる食道がんの研究だった。30億塩基をすべて調べるかわりに、「万」で語ることができる数のSNP。ずいぶん数は減ったが膨大であることには変わりない。こういう総当たり的なやり方というのは、やはり大量のデータを扱うことができる情報技術時代の申し子といえる。

「これは、仮説を置かない研究なんです。我々は55万カ所とりあえず全部調べてみて、その中であり得ないぐらいの低い確率のものが見つかったら、おそらく偶然ではなくて必然だろうと考えます。この場合、食道がんの人と健康な人のSNPの塩基の頻度を比較して、差が大きかった上位の1万2000のSNPについて、さらに別の集団でも確かめて、結局、食道がんの発症と非常に強く関連する遺伝子領域を同定できました。ALDH2とADH1Bと呼ばれる2領域です。これらは、アルコールの分解に関わる酵素の遺伝子だとすでに分かっていました。そして、それぞれのSNPの型の間で比べると、高リスクのタイプと低リスクのタイプでは4倍くらい食道がんの頻度に差があることが分かったんです」

 ALDH2とADH1Bは、ともにアルコール感受性遺伝子と呼ばれるものだ。それぞれ、アルコール脱水素酵素と、アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素の「設計図」に相当する。ぼくたちは体内に入ってきたアルコールをアセトアルデヒドにし、さらにそれを酢酸にすることで無毒化しており、その過程で働くのがこれらの酵素だ。「仮説を置かない研究」の結果、”飲酒と食道がん”という疫学研究ですでに示されているリスクと関連しそうな遺伝子が特定されてきたというのは非常に示唆に富む。

■精密医療の実現を目指すバイオバンク・ジャパンの運営に携わり、自らも研究を行う東京大学大学院教授の松田浩一さん。
no title

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/19/122000001/122600003/

9: 2019/01/08(火) 15:18:40.57 ID:1cvXl2z/

>>1
ソース読んだわ

つまり酒飲むと顔が赤くなり深酒しやすいタイプは通常のリスクに比べて食道がんの確率が16倍だってさ

アセトアルデヒドが発がん物質出すから長く体内に残ってるほど危険度アップ

顔が赤くならない人はアセトアルデヒド早く分解出来るけどもそういう人でも深酒するならリスクは4倍
顔は赤くなるけど深酒しないってのは分解速度が遅いからこれも4倍
両方の悪いとこ持ってるのが上記に書いた16倍

結果、どんなタイプでも飲まなければ確率同じ

22: 2019/01/08(火) 16:52:06.80 ID:X6NG59HB

>>9
まじか
酒やめよう

52: 2019/01/08(火) 19:59:09.99 ID:ulHA+eiA

>>9
説明がわかりやすかった。ありがとう!

11: 2019/01/08(火) 15:34:22.33 ID:fyy7sdUj

アルコール禁止法がそのうち来る


中間おすすめ記事
【衝撃の結末】真冬の山道にて。怪しい女「助けてください」俺「やだよ」女「どうか…」俺「仕方ないな」→ 予想外の結末が待っていた・・・

【続報】紀州のドンファンの嫁の現在…とんでもない新展開きたぞ…

【炎上】テレビ史上最悪の放送事故が起きてしまう…その内容がコチラ…

【警告】業務スーパーのおにぎりの秘密知らない奴www金を無駄にしてるぞwwwww(※衝撃画像)

【闇】生保レディの実態がヤバすぎるwwwマジかこれwwwwwwwwww

【緊急】ワイ25歳、HIV陽性と判明→ こういう症状出てたらヤバイぞ…気を付けろ…

【衝撃】セブンイレブン700円くじの必勝法がコレ…店員が2chで衝撃の暴露を開始…


【愕然】クレジットカードの裏のサインが漢字のヤツ・・ヤバイぞ・・・

19: 2019/01/08(火) 16:28:04.09 ID:QGJmRDkA

遺伝子的に酒に強いかどうかが食道癌に関係しているって事なのかな

33: 2019/01/08(火) 17:59:10.63 ID:mPL34MGf

酒飲みでかおすぐまっかになってた父は食道癌になってしまったよ、はじめは舌癌だったけど
酒飲みまくりでも一切顔赤くならない母は今でも健康
合わない体質あるね

36: 2019/01/08(火) 18:05:21.08 ID:xJQRBj/a

>>33
すぐに真っ赤に成るタイプの人が、アルコールで食道癌になってしまうリスクの
確率は、500倍ぐらい高くなるという論文もある。

40: 2019/01/08(火) 18:36:17.24 ID:YjY8nxWT

俺は飲酒はしないしタバコ嫌いの非喫煙者。
だけど、逆流性食道炎を時々起こす。
だから、アルコールとは無縁だけど食道ガンのリスク要因があるんだわ。

42: 2019/01/08(火) 18:40:41.35 ID:VpLlNr/I

>>40
胃が悪いんだろう
コーヒーはやめて紅茶にせよ

41: 2019/01/08(火) 18:39:28.51 ID:DCM9RU4e

結論::
 癌になる人はなる。ならない人はならない。。。遺伝子で決まる。

71: 2019/01/08(火) 22:40:05.41 ID:fgcrt1dJ

>>41
癌で亡くなった人のすべてが水を飲んでいたらしい
また他の原因で無くなった人も、日常的に水を飲んでたもよう

48: 2019/01/08(火) 19:23:49.10 ID:Jk73P+dz

なんでこんな文章になったのかね
知識多い人ほど知識に溺れて何を言ってるのか分からん例

49: 2019/01/08(火) 19:33:15.54 ID:DCM9RU4e

>>48
科学者どうしの言葉は普通の言葉と違うので、普段一般人の言語で考えてない。
だから、、一般人に説明するのは苦手。

61: 2019/01/08(火) 20:32:46.35 ID:7TAeaXy6

飲酒ってオチなのな。

66: 2019/01/08(火) 22:09:00.36 ID:VEZ4Kbqw

お酒ってさ、あれだけ体が全力で拒絶反応してるんだから
良いものだとは到底思えないんだが、、、、

もう身体中火傷のケロイドみたいになっちゃうんだけど。。。
意識も朦朧になるし

70: 2019/01/08(火) 22:30:08.48 ID:g0KjdWia

2つのリスク遺伝子を持っていると、飲酒喫煙無しでも約7倍か。
7倍は防ぎようがないわけだね・・・。

78: 2019/01/09(水) 00:09:51.82 ID:vmMBeazu

飲酒自体ではなく
アルコール分解酵素が少ない体質の人がなりやすいってこと?

80: 2019/01/09(水) 03:03:32.72 ID:ESKblrt+

>>78
そらそうよ
酒だけが猛毒発ガン物質であるアルデヒドを生じるわけじゃない
だから酒を飲まない動物でもたいていアルデヒド分解酵素を遺伝子レベルで持ってるんだ

食道ガンだけでなく、頭頸部ガンも痛風も、何倍も多く発症してしまう
そういう「ポンコツ」が顕性遺伝で半数近くまで増えたのが世界で唯一、東アジア。

この繁殖力を見るや、下戸はめちゃくちゃい。

79: 2019/01/09(水) 00:12:54.00 ID:ZPmuMOPD

え、今酒買ってきたとこなのに、、、

87: 2019/01/09(水) 09:50:13.49 ID:DIF8Q//9

アルコールとかどう見ても痴呆症とか知能の低下にも関わってるでしょ
この辺もちゃんと研究したら絶対因果関係はっきり出てくるよ

91: 2019/01/09(水) 13:11:01.55 ID:SMVu7IFb

>>87
すでにアルコール脳症って名前がついて、結構研究されてる。

105: 2019/01/10(木) 14:12:08.97 ID:mIUdgPpV

ただの遺伝やん
そらそうやろ

107: 2019/01/10(木) 14:37:27.88 ID:98ZlyvXO

ようするに、顔が赤くなるタイプは、酒を飲むと癌になるよって事

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1546925904/

Copyright © 2019 まとMETAL All Rights Reserved.

 - まとめ