【必見】同じ内容でも目標の立て方によって成功率が違うの知ってた?

      2019/12/04

目的と目標4
1: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

目標を「否定形」にして失敗するヒト、多すぎなので。
目標を【肯定形】にするだけで成功率が上がるの、全人類に広まれ。


・夜更かししない→10時までに寝る
・怒らない   →まず笑顔で答える
・暴食しない  →野菜を3食とる
・無理しない  →2時間ごとに休憩をとる

目標を「否定形」にして失敗するヒト、多すぎなので。
目標を【肯定形】にするだけで成功率が上がるの、全人類に広まれ。


・夜更かししない→10時までに寝る
・怒らない   →まず笑顔で答える
・暴食しない  →野菜を3食とる
・無理しない  →2時間ごとに休憩をとる

— 倉戸みと (@mitragyna) December 2, 2019



2: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

否定形は脳には通用しないってどこかの脳科学の本に書いてあった気がする

— 自由アカウント (@hexa_german) December 3, 2019

3: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

通称、シロクマ効果ですね。

ダニエル・ウェグナーという学者さんが生徒に「シロクマの事は考えないように」「もし考えてしまったら、ベルを鳴らして下さい」と指示して実験をしてみると、あっという間にその場がベルの騒音に溢れたという実験により裏付けられた心理効果だそうで…

(F外失)

— えきーのす@シンセの魔術師志望 (@Yellowish_Erizo) December 3, 2019

4: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

これ子どもに注意・指導するときも大事で「○○しちゃだめ!」と言えばいうほど「○○」の言葉に引きずられて止まらない…という親子の光景をよく目にします。

特に男の子は「☆☆をやったらかっこいい」「☆☆してくれたらママ嬉しい」って方向にもっていくと、進んでやってくれる事多いですよね

— 堂嶋大輔『マンガ生物学に強くなる』 (@dojimadaisuke) December 3, 2019

5: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

アメとムチの良い使い方もぜひ。

・やるべきことをやらない→アメ(報酬)を与える
・やる必要がないことをやる→ムチ(罰則)を与える


・野菜を食べた→腕立て50回
・親切にした→腕立て50回
・間食した→腕立て50回
・寝坊した→腕立て50回

筋トレ好きはいずれにしても腕立て50回。

— ケイ🕴🏻マルチタスクしないマルチワーカー (@mikaitabi) December 3, 2019

6: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

注意喚起とかも同じなのよね。

走らないで→ゆっくり歩いてください
しゃべらないで→静かにしてください

とかさ https://t.co/e2x3rjQzxJ

— 群島[ぐんとう]@公認会計士になるんです (@ryahoo_guntou) December 3, 2019

7: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

具体化するのも大切ですよね

— もちょちょ (@hFUYQ6UOrU3FPO3) December 3, 2019

8: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

なるほどな、ゲームをしないじゃないで
6時間までにするって肯定的にね、ほぉ https://t.co/iobQfUZ5Z2

— おーた (@F_F_F323) December 3, 2019

10: 名無しダイエット 2019/01/01(月) ID:diet2channel

「否定目的の例」は漠然としてるけど、「肯定目的の例」は鮮明。

否定や肯定もあるんだろうけど、この「なにをすべきか」を明確にすること、も大事だろうね。

「漠然とした肯定」でも成功率は下がりそう。 https://t.co/9ThHQhQLHJ

— 物書きモトタキ@ガラダ堂12/28大崎おもしろ同人誌バザール (@motoyaKITO) December 3, 2019

「twitterまとめ」

「ライフハック」

Copyright © 2019 まとMETAL All Rights Reserved.

 - まとめ